愛知県一宮市のヨガスタジオ/整体
studio ことのね

ヨガを継続しながら感じて欲しいこと。

ヨガを一言でいうなら「気づくこと」「今この瞬間(目の前で起こっていることと向き合うこと」

それを日常生活へ活かし健やかな日々を創っていくのがヨガだと思います。

ヨガをしていく中で集中力が養われたり、感情と上手く向きあえることができ感情のコントロールが出来るようになってメンタルも強くなっていくのだと思います。もちろん筋力や柔軟性が向上し、健康的な体にも向かっていきます。

そして自制心が強くなり、行動する力が身に付きご自身の目標達成が叶いやすくなってくるのだと思います。

目の前の事を受けいれ行動する力を養う

目の前のことと向き合うって言ってもピンと来ないと思います。ヨガのレッスンで大きく分けて行うことはポーズをとること、呼吸・マインドフルネス(気づくこと)をすることです。
ヨガの中で目の前のことと向き合うということは今自分がしているポーズに意識を向けること、呼吸が止まらないように呼吸に意識を向けること、自分自身の意識に気づくことです。
ポーズを綺麗にとることも大切なことですが、ご自身がとれる範囲でポーズを取った時にどこが伸びているのか、どこに力が入っているのか、自分の体に意識を向け今体がどういう状態で何が出来ていて、出来ていないのかをひとつひとつ確認し受け入れ気づき、向き合うことで必要なものがみえてきます。これは日常生活も一緒です。いくつか例をあげていきます。

例1:今、目の前で何を食べているのか?

ダイエット中、食事を気にしますよね!?食べているものに意識が向いてますか?何をどれだけ食べているのかしっかりと意識出来てますか?
自制心がコントロール出き、今何を食べているのか分かっていればダイエットも成功するはずです。上手くいかなければ、何がダメなのか失敗に目を向ければダイエットに必要なものが見えてくるはずです。痩せないの一言で終わらせてないですか!?カロリー計算違い、代謝が悪い、どうしても食欲が抑えきれないなど。。。原因はどこかにあるはずですので、何が出来てなくて、出来ているのか気づき、受け入れ、コントロールしていくことが出来れば理想に近づくはずです!!

例2:体が硬い!!

体が硬いからと言って、諦めたりしてないですか?先ずは受け入れることです。前屈で前に体を倒して指が床に着かない。これを嘆いたり悲観するのではなく、今はここまでは前に倒せると受け入れ把握することからです。これを把握して体に意識を向け見ていくとどこが硬くて前に倒せないのかが分かってきます。そして、毎日変化を見ていくとどこを伸ばすと良いか分かり段々柔らかくなり指が床に着くようになります。体が硬いことで悲観して嘆いてなにもしないと変わりません。受け入れ向き合って行動していく事が大切です。

例3:やる気が出なくて集中できない?

勉強や仕事に中々集中できなかったり、落ち着きがなかったりしないですか?
ヨガの中で呼吸に意識を向け瞑想することあります。呼吸に意識を向けることで自律神経が整い、心の安定がもたらされます。また、瞑想を行うことで、脳の力が向上することが脳科学でも解明されています。脳の力が向上することで集中力が向上したり、記憶力が上がったり、感情のコントロールが上手くできるようになり、体や思考がポジティブになる事で不安と上手く向き合えたり、新しい事にチャレンジ出来るようになっていきます。生活の中で呼吸・感情のコントロールが出来るようになると勉強、仕事の効率があがり日々の生活の質が向上し健やか生活が送れるようになってきます。

最後に

ヨガを実践していく中で、ポーズをとることは、ヨガの一部でしかすぎません。もちろんポーズを綺麗に取れるようになっていく過程で体が柔らかくなったり、筋力がつき痩せたりもします。ポーズが取れるようになったのはしっかりと自分自身と向き合った結果です。こうして養われた「向き合う力」「現状を受け入れる力」から「行動する力」が生まれます。これをご自身の生活や仕事に起き変え向き合って行けばおのずと必要な事が出来るようになり充実した健やかな日々が叶うことがヨガの恩恵だと思います。
ですのでヨガって体が柔らかくないから出来ないと思ったりする必要もなくご自身のペースで前に進んで行けばいいのです。
また、ヨガは芸能人やモデルさんがやってるからと言っておしゃれでやるものでもないですし、ヨガレッスンはおしゃれに身を包む物でもないと思います。もちろん自分が好きな物やかわいい物でモチベーションをあげたり意識が上がるものはいいと思います。注目を浴びたいため意識が外に向くものは避けた方がいいと思います。